タコまく 日記

12年間の自然舎ガイド業に区切りをつけ、2017年よりカフェタコのまくらオーナーとして奮闘中。

カフェの話。小豆島の海や山の話。のんびり小豆島暮らしをつぶやいています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 赤ちゃん産まれる | main | 春の海 >>

命をいただくこと

 

ヤギのカヨちゃんのお母さん、作家&イラストレーターの内澤旬子さんが小豆島で野生獣解体処理施設を作るためのプロジェクトを始動させました。

 

現在島で爆発的に数を増やし、農作物や植林地域へ大きな影響を与えているシカやイノシシ。

 

害獣として駆逐され、そのほんの僅かが自家消費されている以外は、ただ殺されて山に捨てられているのが現状です。

 

というのも肉を流通させようにも島にはきちんとした解体施設がないため。イノシシやシカの肉を販売するは許認可を受けた施設による解体・加工が必要なのです。

 

命を少しでもありがたくいただくため、そして小豆島でおいしいジビエ料理が食べられる日が来ることを願って、よろしければ応援お願いします。

 

小豆島に極小野生獣解体処理施設を作るためのクラウドファンディング

https://motion-gallery.net/projects/momonji-uchizawa/preview

 

小豆島 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

はじめまして。
11月12日より、小豆島の岩場へクライミングへ伺う予定をたてています。色々とさがしているうちにこちらにアクセスすることができました。小豆島のジビエを食べれる宿、またそれが無くても、小豆島で食にこだわったお薦めの宿をご紹介していただければ嬉しく思います。
羽山菜穂子 | 2017/11/08 5:49 PM
羽山さま
はじめまして。タコのまくらの山本と申します。ごめんなさい!今頃メッセージに気が付きました。すでに小豆島を満喫して戻られた後でしょうか・・・。楽しい時間をすごされたとしたらよいのですが。
食にこだわった宿といえば、やっぱり島宿真理さんでしょうか。ちょっとお高いですが、一度は泊まってみたい宿です。
そしてジビエの方はまだ保健所の許可を受けた加工施設が島にないために島の中には獣肉は流通していなく飲食店では食べられないと思います。
島で放牧ブタを飼育している鈴木農園さんのブタを食べさせてくれるお店はいくつかありますが。
クライミングといえば島にボルダリングジムもできました。次回はそちらにも行ってみてください。
ミナウタリ
http://minautari.com/
やま | 2017/11/15 9:12 PM
コメントする