タコまく 日記

12年間の自然舎ガイド業に区切りをつけ、2017年よりカフェタコのまくらオーナーとして奮闘中。

カフェの話。小豆島の海や山の話。のんびり小豆島暮らしをつぶやいています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< うんこはごちそう | main | 和船ってかっこいい >>

竹を割く



豊島から竹細工の先生がやってきて、竹で球をつくるというので、ちょっとおじゃましてきました。

先生がスルスルと簡単そうに材料の竹を割いているので、僕もやらしてもらうことに。

が・・・。

これが超難しい!

緑の皮の方(外側)に切れ込んでいったり、身の方(内側)に切れ込んでいったりで、すぐに切れてしまい、均等の厚さですーっと進んでいくことができません。おまけに力が入りすぎて、すぐに腕がパンパンの筋肉痛に・・・。

そらそうですよ。「竹裂き3年」ともいわれるほど竹細工の世界ではこの裂くという作業が難しいと言われているんですからね(ちなみに先生は8年も竹細工に携わっている職人さん)




でも、僕らも微力ながら竹の球の材料を作るのを手伝って(ほとんど先生がつくってましたけど・・・)、竹切り出しから2時間後にはこんな大きな竹の球が出来上がりました。

あとはもう少し編み込んで形を整えて行けば完成です。

これかわいい!

今度は自分で作ってみよっと。当然、もっと小さいやつですけどね(笑)

本日学んだこと。
「見るのとやるのは大違い」
 
自然 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

竹の組み方に大変興味を持ちました。
もしご迷惑でなければ詳しく教えていただきたいです。
丹羽正人 | 2017/06/19 9:36 PM
丹羽さま
はじめまして。タコのまくらの山本です。
この竹の編み方面白いですよね。
が、教えてくれたメイちゃんはすでに豊島にはいなくて、今となってはこの編み方を教えてもらうこともできないのです。
小豆島にも竹細工の会があるのでそちらでどなたか編み方をご存知の方がいるかもしれませんね。
もしよろしければ、そちらに問い合わせてみてください。
全然お役に立てなくて申し訳ありません。
やま | 2017/06/25 8:56 PM
コメントする