タコまく 日記

12年間の自然舎ガイド業に区切りをつけ、2017年よりカフェタコのまくらオーナーとして奮闘中。

カフェの話。小豆島の海や山の話。のんびり小豆島暮らしをつぶやいています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

大人の遠足

 

昨日は気のおけないゆかいな仲間たちと香川は志度にカキを食べに。

 

いやー。1年分のカキ食べた。

 

幸せだー!

雑記 | permalink | comments(0) | -

一生ガイド

 

僕の好きな小豆島ベストビューポイントの1つ「千羽岳・親指岳」

 

やっぱりここ好きだな。

 

溶岩のうねりの跡を残す圧倒的な迫力の岩肌も、ここから眺める広くて青く透明な海もいい!

 

小豆島っていいところだな。

 

自然舎というお店は閉じてしまいますが、僕はずっとガイドです。

 

これからも時間あるときは(カフェの休みの時)島の海に、山に、ガイド行きますよ。

 

気が向いたら連絡してくださいね。

 

 

 

 

 

雑記 | permalink | comments(0) | -

食べ比べ

 

この時期になると巷にでまわるシュトーレン。

(僕が子どもの頃にはなかったけど)

 

で、島のパン屋さんのシュトーレンを食べ比べ。

 

かたや洋酒の代わりに日本酒をつかってるシュトーレン。

 

かたや天然酵母のパン生地にドライフルーツやナッツがぎっしりのシュトーレン。

 

シュトーレンって熟成していくんです。味の変化を楽しみながら、クリスマスの日まで少しずつ食べて楽しむものって言われているけど、どちらも丸かじりできそうなくらいおいしい!(笑)

 

クリスマスまでもちそうにありません・・・。

 

 

 

 

雑記 | permalink | comments(0) | -

どっち?

 

タコの凧!

 

じゃなくって、イカ?

 

いや、足は8本だし、やっぱりタコ?

 

どっち?

雑記 | permalink | comments(0) | -

お休みのお知らせ

 

おはようございます!
ここ数日梅雨が明けたかのような夏の青空が続いている小豆島です。

 

夏は大好きですが、やっぱり暑いですね。

 

さて、お休みのお知らせです。

 

まことに勝手ながら、7月8日(金)〜11日(月)まで、自然舎のすべてのツアーとカフェ「タコのまくら」の今週の営業はお休みとさせていただきます。

 

スタッフそれぞれ少し早めの夏休みを取らせていただきます。

 

この間、電話の対応やメールの返信が滞りがちになりますが、ご了承ください。

 

自然舎の各種ツアーは7月14日から再開(12日、13日はキャンプツアーのため、その他のツアーをお受けできません)、タコのまくらは7月15日(金)から通常営業を再開します。

 

ちなみに私は7月10日愛媛県の石鎚山で開かれるお山開きという神事に参加してきます。

(写真は2013年7月10日に参加した時のもの。石鎚山頂から天狗岳まで絶壁の尾根道です。あの日はすごくいい天気だった)

 

7月1日に山頂にあげられた神様を再びふもとに降ろすという神事です。白装束で山に登ってきます!
台風が梅雨前線を刺激して、天気がちょっといまいちなようですが・・・・。

 

休みの期間、ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いします。

雑記 | permalink | comments(0) | -

なんでも瀬戸芸



現在、小豆島をはじめ香川・岡山の島々で開催中の瀬戸内国際芸術祭(略して瀬戸芸)

その多くの作品は現代アートと呼ばれる「なんだかよくわからないけど、なんか感じる気がする」ってな作品なんですが、そんな作品を見続けていると、あれもこれも作品に見えてくるのです。

これも瀬戸芸?ってな感じです(笑)
雑記 | permalink | comments(0) | -

コーヒー焙煎



今日は1日花散らしの雨が降っている小豆島。

こんな日はおうちでゆっくりコーヒー焙煎。

コーヒー豆って緑がかった色をしてるんですよ。知ってました?

で、生豆を焙煎器に入れてガスコンロの上でガラガラと手回しすること約20分。いつもの見慣れたコーヒー色になるのです。

それにしても今日のはいい感じに仕上がった!(気がする)

焙煎すぐもお茶みたいな感じで飲みやすくて好きですが、2〜3日置くとぐっと香りが増してコーヒーらしくなってくるんです。

飲むのが楽しみだな〜。


 
雑記 | permalink | comments(0) | -

島の別れ



春は別れの季節。

本日友だちが旅立っていきました。

島の別れは船の見送り。

彼のたっての希望でお別れは紙テープ。

まるで彼の未来へかかる虹の橋のようできれいでした。

モーガン。これまで楽しい時間をありがとう!

東京行っても元気でね。

で、都会生活に疲れたらいつでも島にリフレッシュにおいでよー!
雑記 | permalink | comments(2) | -

桜の下でおめでとう!



本日は自然舎スタッフよっちゃん&まさやんのサプライズ結婚パーティーの日でした。

花見をみんなでしようということで2人にはちょっと遅めの集合時間を伝え、その間にみんなで会場と食事のセッティング。

入場ゲートまで作ったのに反対方面から登場するハプニングもあったりしまっしたが(笑)、とても楽しくっておいしくって優しい手作りのパーティーができました。

よっちゃん&まさやん。結婚おめでとう!

いつまでもクラゲのようにゆっくりの〜んびりね。そしてこれまで通り二人仲良く力を合わせて幸せな家庭を作っていってね〜。

そうそう。桜は今週末くらいには見ごろを迎えそうですね。今週末は満開の下でもう一度浜見だ!

 
雑記 | permalink | comments(3) | -

旅の本



旅の移動中、みなさんはなにをして過ごしていますか?

僕の携帯はガラ携なので道中スマホをいじったりすることもできず、旅のお供はやはり読書です。

今回の旅行中読んだ本3冊。

1冊目「残り全部バケーション」伊坂幸太郎

伊坂作品らしいテンポの良いスピード感あふれる物語。

あくどい仕事をしているんだけど、どこか憎めなく笑えて、なんかちょっとホロッとしたり。

そんな馬鹿なとおもいつつも、ぐいぐい話の中に引きこまれていき、ラストこうなりますかという感じ。

伊坂作品の中では久々ヒットの作品でした。旅のお供におすすめの1冊。

2冊目「横道世之介」吉田修一

映画のコマーシャルを見て(映画はまだ見てなかった)前々から気になっていた作品。

長崎から上京してきた大学生世之介の青春物語なんですが、なんだか自分自身のあの時代を思い出させてくれるような、とてもゆかいで、優しくて、読み終わった後に誰かに優しくしたくなるようなそんな素敵な物語でした。

読み更けて電車を乗り過ごしてしまうくらい今回の旅本の中での一押し作品でした(笑)

3冊目「世界から猫が消えたなら」川村元気

余命わずかと宣告された主人公が「世界から何かを消す代わりに1日だけ命を得ることができる」という陽気な悪魔と出会い、7日間を使って、自分の大切なものと繰り広げる感動の作品。

明日死ぬかもと知らされたらみなさんだったら何します?誰に会いたいですか?サクサク読めちゃう1冊です。

実は「横道世之介」も「世界から猫…」も偶然「死」がキーワードとなっていました。

「世界から…」はどっちかというとファンタジーな感じで、僕は「横道…」の方が好きでした。

世之介みたいに誰かの思い出の中でいつも笑っているような存在になりたいですね。





 
雑記 | permalink | comments(0) | -